乳幼児(生後6か月~5歳)の接種では、どのような効果がありますか。

ファイザー社のオミクロン株対応1価ワクチンは、生後6か月~4歳の乳幼児においても、現在の流行株であるオミクロンXBB系統に対して、中和抗体価の上昇が確認され、重症化予防効果等の向上が期待されています。モデルナ社のワクチンも生後6か月~5歳の乳幼児において、同様の効果が期待されています。

詳細>>(厚労省HP)


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/kumayaku/kumamoto-wakuchin.jp/public_html/wp/wp-content/themes/kumayaku/single-default.php on line 46

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/kumayaku/kumamoto-wakuchin.jp/public_html/wp/wp-content/themes/kumayaku/single-default.php on line 66